旗の見せ方|旗・フラッグのオリジナル作成ならお任せ!応援旗や社旗、タペストリーに大漁旗と、お求めの一枚を激安製作します!

旗・フラッグ工場

品質重視のオリジナル大漁旗や、オーダーフラッグの激安作成、企業ロゴを美しく印刷した、特注の社旗製作など、豊富な生地や、プリント方法をご用意し、多様なお客様のご要望にお応えします!

  • TOP
  • ご注文の手順
  • 旗のデザインデータ入稿
  • お支払い方法
  • 送料について
  • 見積依頼
  • お問合せ
カートを見る

旗の見せ方

旗やフラッグを掲揚する際

旗やフラッグを掲揚する際には、それぞれ最適な掲揚方法を言う物があります。もちろん、それは用途に応じて変化する物ですが、こちらでは、代表される掲揚方法をご紹介し、ご利用時の際、参考にして頂きたいと思います。

社旗の見せ方

社旗を掲揚する際、最も多いパターンは、屋外になります。大きなポールが正面入り口、もしくは正門の左右どちらかに設置されているなど、社員の皆様方がいつでも確認できる所に設置しています。またこれに準じて、社屋の正面入り口や、エントランス、会議室などにも良く設置され、出社された皆様、ご利用される皆様、そしてお客様をお出迎えする働きも持っています。

手旗の見せ方

手旗の掲揚の仕方となりますと、その主な使われ方が手に持って振る事になるので、如何に目立つ様に振るかと言う事になると思います。マラソン大会などでは、国旗であったり、ノベルティと配られる物であったりと、小さなフラッグは大きく振られています。1枚では、目立たない物であっても、数が集まる事で、旗の揺らめきが波の様に見え、より強い効果を生み出します。

三角フラッグ、タペストリーの見せ方

三角フラッグは、目的に応じて使われ方も変わって来るので、掲揚方法となると、その際の状況に大きく左右される物となります。タペストリーにつきましても、例えば、お土産物やで販売される様な物から、サッカーチームなどが応援用に製作するインテリアとしての物までありますので、こちらもそれが作成された目的によって、変化してまいります。

応援旗、チーム旗の見せ方

応援旗、チーム旗の掲揚方法は、直接応援する場合は、手に持って掲げると言うパターンが多くなります。また、壁などに吊るすと言うパターンもフラッグやタペストリーなどで見られます。これらは、用途からして、大きくその旗自体の存在をアピールする必要がある為、動きのある状態とするか、もしくは大きなサイズの物を制作するかと言う事になります。

国旗、安全旗、自治体旗の見せ方

国旗や、安全旗、自治体旗は、主にポールやスタンドなどを利用して、掲揚される他、社旗や応援旗、チーム旗などと一緒に、設置されるパターンが多いフラッグとなっております。日の丸をプリントしたり、社名を印刷したりと掲げられる場所を考え、制作されます。


ご覧頂きました様に、社旗だけ見ても、その掲揚方法は変わってまいります。当店では、どんな設置方法でも用途でも、ご相談頂く事で、最適の格安プランをご提案させて頂いております。オリジナルオーダー旗の作成をお考えの際は、通販こそのお客様サポートに自信を持つ、激安製作販売専門店の当店にお任せ下さい。お客様だけの特注品をお作り致します。

トップページ│Copyright (C) 2012 旗・フラッグ工場. All Rights Reserved.